中古車トラック購入の成功例と失敗例

中古車 トラック

中古でトラックを購入したいという方は多いでしょう。程度の良い車両を購入することが出来た場合、新車で購入するよりもはるかにお得な場合が多いです。しかし一方で、新車にはないトラブルがあったり、あるいは思ったよりも状態が悪かったりすることも多いのが現状です。原因として挙げられるのが、一般の乗用車に比べて「ハードな使用をされるため」です。多くの場合、業務用に使用されるため、車体が通常の想定範囲を超えた酷使によってダメージを受けていることも多いです。「こんなはずじゃなかった」「走行距離等が改ざんされているのではないか?」といったケースに遭わないため、事前に確認すべき内容、購入の際にチェックしておきたい内容をお伝え致します。コストパフォーマンスの高い車両、ぜひ最適なビジネスパートナーを手に入れましょう。

中古車トラック試乗の際に確認すべき点は?

中古車は新車と異なり、オーナーによって使用する状況が様々です。とりわけ一般の乗用車と異なり、「想定外の使用」ともいうべき使用をされているケースが非常に多いです。基本的にエンジンは非常に頑丈なのに加え、ほぼ毎日使用され続けているため、多少走行距離が長い場合であってもほとんど走行していない一般の乗用車に比べ、むしろ程度は良好です。これに対し、注意すべきは「過積載」です。これによってサスペンション等に大幅な負担がかかるため、走行が不安定になっているケースが存在します。試乗の際、ハンドルに違和感があった場合等は要注意です。荷台の錆についてですが、新車でない以上、多少の錆は許容範囲として考えましょう。ただ、極端に錆が進行し、穴が開いていたりする場合は避けた方が無難です。修理という方法もありますが、修理代が高くつきます。いずれにせよ避けた方がよいでしょう。

中古車トラック購入で失敗しないために

購入の際、検討すべき点に「使用期間」があります。基本的にトラックはビジネス目的で使用するため、収益によっては新車に買い替えたりすることも想定されます。また一方、収益が上がらない場合、長期間その車両で稼働させる必要があります。基本的に「多少の余裕を持った期間」を想定して購入するのがよいでしょう。例えば3年間乗ることを想定して購入する場合、3年間ではなく、「2年以内に元を取る」あるいは「新車に乗り換える」もしくは「より程度のよい中古車に乗り換える」といったことを想定して購入するのがベストです。このようなプランを予め計画して購入することで、収益が当初の予定よりも見込めなかった場合はもちろん、不意のトラブルで出費が発生してしまった場合にも余裕を持って対処が出来るようになります。「ギリギリの費用で購入した結果、想定外のトラブルを放置したため、さらに出費が重なった」といった失敗は思ったよりも多いです。そのようなケースにならないよう、注意が必要です。